福祉の仕事 | 294job.com






視能訓練士
仕事内容 両眼視機能になんらかの障害を持つ人の機能回復のための訓練を行うのが主な仕事です。
医師の指示のもと両眼視機能の検査や矯正を行い、診療の補助としての役割を担っています。
具体的には、正確な診断を下す基礎となる検査や、弱視、斜視の患者に対して行う視能矯正訓練です。
資格区分 国家資格
免許付与者 厚生労働大臣
受験資格 【1】大学に入学することができる者であって指定の、視能訓練士養成施設において3年以上視能訓練士として必要な知識および技能を修得した者。
【2】養成所において2年以上修業し、かつ、外国語、心理学、保健体育、生物学、物理学、数学(統計学を含む)、教育学、倫理学、精神衛生、社会福祉または保育のうち2科目を修めた者であって、指定の視能訓練士養成施設において1年以上、視能訓練士としての必要な知識および技能を修得者。
【3】外国の視能訓練士に関する学校、養成所を卒業し、または外国で視能訓練士の免許に相当する免許を受けた者であって、厚生労働大臣が受験資格を認定した者。
試験科目 基礎医学大要、基礎視能矯正学、視能検査学、視能障害学、視能訓練学
試験地 東京都・大阪府
出願期間 1月上旬〜中旬
試験日 年一回毎年3月上旬
受験手続 受験願書を含め、受験手続きに必要な書類は各学校養成所、関東信越厚生局、近畿厚生局および厚生労働省からも入手可能。
試験地を管轄する関東信越厚生局、近畿厚生局へ提出。
必要書類 受験願書/写真1枚/510円分の切手を貼った返信用封筒/受験資格を証明する書類(修業証明書または修業見込み証明書)
受験料 15,800円
合格率 92.4%(2008年度)
資格取得者数 12,543人(2007年12月末現在)
主な就職場所 総合病院、眼科医院、診療所、医療研究機関などの視機能検査、診療スタッフ。リハビリテーションセンターの視能訓練スタッフ。 高齢化にともなって、糖尿病や脳血管障害等による視覚障害が増加すると予想されるため、今後はほかの医療分野でも視能訓練士を配置するところが増えると予想されます。
問合先 厚生労働省医政局医事課試験免許室
住  所 100-8916 東京都千代田区霞ヶ関1-2-2
電話番号 03-5253-1111
URL http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/10.html