福祉の仕事 | 294job.com






言語聴覚士
仕事内容 言語聴覚士はことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。また、摂食、嚥下の問題にも専門的に対応します。
言語聴覚士は医療機関、保健、福祉機関、教育機関など幅広い領域で活動し、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう、ことばや聴こえに問題をもつ方とご家族を支援します。
資格区分 国家資格
免許付与者 厚生労働大臣
受験資格 【1】大学に入学することができる者で、指定の言語聴覚士養成施設において3年以上修業した者。
【2】大学、短大で2年(高専では、5年)以上修業し、かつ、指定の言語聴覚士養成施設において、1年以上言語聴覚士として必要な知識および技能を修得した者。
【3】大学、短大で1年(高専では、4年)以上修業し、かつ、指定の言語聴覚士養成施設において、2年以上言語聴覚士として必要な知識および技能を修得した者。
【4】大学(短大を除く)で指定の科目を修めて卒業した者。
【5】大学(短大を除く)を卒業し、さらに指定の言語聴覚士養成施設において2年以上言語聴覚士として必要な知識および技能を修得した者。
【6】外国の養成所を卒業し、外国の言語聴覚士免許を受けた者で、厚生労働大臣が受験資格を認定した者。
試験科目 基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学及び聴覚障害学
試験地 北海道・東京都・愛知県・大阪府・広島県・福岡県
受験手続 財団法人医療研修推進財団から願書を取り寄せる。財団法人医療研修推進財団に持参もしくは郵送する。
必要書類 受験願書/写真1枚/受験資格を証明する書類(修業証明書または修業見込み証明書等)
受験料 35,700円
合格率 57.3%(2008年度)
資格取得者数 8,142人(2008年4月末現在)
主な就職場所 総合病院、診療所、リハビリテーションセンター、介護老人保健施設、訪問介護ステーション、難聴幼児通園施設、聴覚言語障害者更生施設、児童福祉施設、保健所
問合先 財団法人 医療研修推進財団
住  所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-22-14 ミツヤ虎ノ門ビル4F
電話番号 03-3501-6515
URL http://www.pmet.or.jp/