福祉の仕事 | 294job.com






社会福祉士主事任用資格
仕事内容 各種行政機関で、保護・援助を必要とする人のために相談・指導・援助などを行う資格です。
これは公務員となり公的機関に努め、その資格と関連の深い部署に配属されてはじめて、効力が発揮される“任用資格”で、最近では民間の福祉施設で職員採用の際にも、基準として認識されはじめています。
また試験を受け得る資格ではなく、大学・短期大学、専門学校で指定された科目を履修することが必要です。
資格区分 任用資格
認定者 厚生労働大臣
資格取得要件 ①大学等において厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者
②厚生労働大臣の指定する養成機関または講習会の課程を修了した者
主な就職場所 【行政* 福祉事務所】
現業員、査察指導員、老人福祉指導主事、
家庭児童福祉主事[児童福祉事業従事2年以上等]
家庭相談員[児童福祉事業従事2年以上等]
母子相談員
【行政* 各種相談所】
知的障害者福祉司[知的障害者福祉事業従事2年以上等]
身体障害者福祉司[身体障害者福祉事業従事2年以上等]
児童福祉司[児童福祉事業従事2年以上等]
【社会福祉施設】
施設長、生活指導員 等