福祉の仕事 | 294job.com






高等学校福祉科教諭
仕事内容 高等学校教諭第一種免許(福祉)の資格を持ち、高等学校の生徒に対し、福祉に関する教育を行うとともに、教育職員免許法に基づき2001年より設置された免許です。高校の教員になるための免許状で、福祉の教育にあたる専門教員となります。
資格区分 国家資格
免許付与者 文部科学大臣
受験資格 ア 大学(短期大学を除く。)を卒業した者 
イ 高等学校を卒業した者その他大学に入学する資格を有する者で,平成14年4月1日における年齢が22歳以上の者 
試験科目 一般教養科目  教職に関する科目  
福祉に関する一般的事項,専門的事項
(社会福祉基礎,社会福祉制度,社会福祉援助技術,基礎介護,社会福祉実習,社会福祉演習,福祉情報処理)及び指導法
試験地 宮城県 東京都 岡山県 熊本県
試験日 平成16年度以降の高等学校教員資格認定試験については当分の間行いません」(平成14年2月21日)
受験手続 文部科学省初等中等教育局教職員課に願書を請求。
必要書類 ア 高等学校教員資格認定試験出願用紙 
受験願書(受験手数料として5,600円分の収入印紙(日本政府発行)を貼ること。) 
試験科目の一部免除申請書(免除申請を行う場合は,必要な証明書類を添付のこと。) 
履歴書 
写真票(出願3か月以内に撮影した45㎜×35㎜(デジタルカメラによるものは不可)の無帽,正面上半身の写真を貼ること。) 
イ 住民票の写し又は戸籍抄本(発行後6か月以内のもの,本籍の記載を省略しないこと。) 
ウ 看護に係る認定試験を受験しようとする場合には,看護師免許状の写し又は保健師助産師看護師法第53条第1項に該当する者であることの免許証の写し又は証明書(看護婦免許状のままでも可) 
エ 90円の切手を2枚 
受験料 5,600円分
問合先 文部科学省初等中等教育局教職員課
URL http://www.mext.go.jp/