福祉の仕事 | 294job.com






義肢装具士
仕事内容 義肢装具士は義肢装具を単に製作するだけでなく、適合させることを業務とする。言い換えれば生体(患者、障害者)と器械(義肢装具)のインターフェイスの部分を担う専門職である。義肢装具士の役割としては少なくとも採寸・採型、試歩行、適合の部分であり、組立、仕上げについては製作専門の技術者が行うことも多い。義肢装具士と製作技術者の業務分担が進んでいる傾向にある。
医療関連職の中で、義肢装具士は特殊な業務形態をとる職種である。
大半が医療機関に属さず、民間の義肢装具製作施設に所属し、契約している病院や更生相談所等に出向き業務を行うのが一般的である。このような業務の中で医師、理学療法士、作業療法士等、関連する専門職種と情報を交換し、患者や障害者の要望を聞きながら義肢装具の製作、適合を行う。
資格区分 国家資格
免許付与者 厚生労働大臣
受験資格 【1】できる者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した養成所で、3年以上義肢装具士として必要な知識・技能を修得した者。
【2】大学または高等専門学校などで1年以上修業し、さらに、指定の学校または養成所で2年以上、義肢装具士として必要な知識および技能を修得した者。
【3】職業能力開発促進法に基づく義肢・装具製作の技能検定合格者で、指定の学校または養成所で1年以上修行した者。
【4】外国の義肢装具の製作適合等に関する養成所を卒業し、または外国で義肢装具士の免許に相当する免許を受けた者であって、厚生労働大臣が【1】【2】【3】に渇げる者と同等以上の知識および技能を有すると認定した者。
試験科目 臨床医学大要(臨床神経学、整形外科学、リハビリテーション医学、理学療法・作業療法、臨床心理学および関係法規を含む)、義肢装具工学(図学・製図学、機構学、制御工学、システム工学およびリハビリテーション工学)、義肢装具材料学(義肢装具材料力学を含む)、義肢装具生体力学、義肢装具採型・採寸学および義肢装具適合学
試験地 東京都
出願期間 1月下旬〜2月上旬
試験日 年一回毎年3月上旬
受験手続 受験願書を含め、受験手続きに必要な書類はテクノエイド協会試験研究部からも入手。
テクノエイド協会試験研究部へ提出。
必要書類 受験願書/写真1枚/受験資格を証明する書類(修業証明書または修業見込み証明書)
受験料 65,900円
合格率 87.6%(2005年度)
資格取得者数 3,082人(2005年3月現在)
主な就職場所 1.義肢装具の製作会社
2.総合病院、リハビリテーションセンター、診療所の補助スタッフ
3.舗装具製作施設
問合先 テクノエイド協会
住  所 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-8-5 駿河台ヤギビル4F
電話番号 03-3219-8211
URL http://www.techno-aids.or.jp/