福祉の仕事 | 294job.com






手話通訳士
仕事内容 手話の技術によって健聴者(耳が聞こえる人)と聴覚障害者のコミュニケーションを援助します。
資格区分 公的資格
免許付与者 厚生労働大臣
受験資格 【1】年齢が20歳(受験日の属する年度の3月末日までに20歳に達する者を含む)以上の者。
試験科目 【一次試験】:障害者福祉の基礎知識、聴覚障害者に関する基礎知識、手話通訳のあり方、国語。
【二次試験】:聞取り通訳〔音声を手話で表現〕、読取り(口頭)通訳〔手話を音声で表現〕。
試験地 【一次試験】:東京都・大阪府・熊本県 
【二次試験】:東京都・大阪府
出願期間 平成18年5月1日(月)〜平成18年6月30日(金)
試験日 【一次試験】:平成18年 9月24日(日)
【二次試験】:平成18年11月26日(日)
受験手続 平成18年5月1日(月)から平成18年6月30日(金)までの間に、社会福祉法人聴力障害者情報文化センターに提出する。
書類の提出は、必ず簡易書留郵便によるものとする。(普通郵便によるもの、及び、直接、社会福祉法人聴力障害者情報文化センターへ持参しても受付けない)
必要書類 受験申込書・受験整理票(裏面「郵便振替等払込受付証明書」)・入力票・写真
受験料 18,000円
合格率 【一次試験】:14.5%(2004年度)
【二次試験】:10.4%(2003年度)
資格取得者登録数 1,544人(2006年5月現在)
主な就職場所 福祉系専門学校、都道府県、市町村
問合先 社会福祉法人聴力障害者情報文化センター 手話試験部
住  所 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-23-1 新宿マルネビル
電話番号 03-3356-1634
URL http://www.jyoubun-center.or.jp/